横浜市議会議員 梶尾明

活動報告

2021年5月21日本会議 一般議案関連質疑に登壇しました。

本日は会派を代表して一般議案関連質疑に登壇しました。
質問項目は以下のとおりです。

1 市第7号議案(横浜市児童福祉施設の設備及び運営の基準に関する条例等の一部改正)関連 【こども青少年局】
保育所等がICT化を推進するに当たっての本市の支援策《城副市長答弁》

2 市第12号議案(横浜市消防団員の定員、任免、給与、服務等に関する条例の一部改正)関連 【消防局】
報酬引上げの経緯《城副市長答弁》

3 市第18号議案(松風学園整備工事(建築工事)請負契約の締結)関連 【健康福祉局】
(1)入居中の全ての方の住まいは確保されるのか《城副市長答弁》
(2)質問者の考えについての見解《市長答弁》
質問者の考え「施設利用者や働く人が快適に利用できるように整備を進めるべき」

4 市第20号議案(令和3年度横浜市一般会計補正予算(第2号))関連
(1)5月補正予算案で活用する一般財源 【財政局】
   質問者の考えについての見解《市長答弁》
質問者の考え「5月補正予算において、新型コロナウイルス感染症に対する本市としての独自の支援策を一般財源も活用しながら更に行うべき」
(2)低所得の子育て世帯への支援 【こども青少年局】
  ア ひとり親世帯以外の世帯を対象とした低所得の子育て世帯への給付金に期待する効果《市長答弁》
  イ 申請が必要な対象者に対してどのような体制で対応するのか《城副市長答弁》
  ウ 高等職業訓練促進給付金の拡充に期待する効果《城副市長答弁》
  エ ひとり親家庭住宅支援資金の貸付を実施する目的《城副市長答弁》
オ 質問者の考えについての見解《市長答弁》
質問者の考え「現在の厳しい雇用環境に合わせた就労支援を行うことも必要」
(3)新型コロナウイルスワクチン接種事業 【健康福祉局】
  ア 高齢者分の接種券の発送の考え方《城副市長答弁》
  イ ワクチン接種予約の状況及び今後の対策《市長答弁》
  ウ 各区の接種会場間で差があることについての認識《市長答弁》
  エ 集団接種会場へのアクセスの利便性向上及び渋滞緩和策《城副市長答弁》
  オ 個別接種の協力医療機関を増やすための対策《市長答弁》
  カ ワクチンを安全かつ確実に配送する体制《城副市長答弁》
  キ 新型コロナウイルスワクチン接種推進チームが果たすべき役割《市長答弁》
  ク 大規模会場との二重予約を防ぎ、キャンセルによる集団接種会場での余りワクチンを無駄にしないための対策《市長答弁》
(4)変異株スクリーニング検査事業 【健康福祉局】
ア 本市における変異株の確認方法《城副市長答弁》
イ 質問者の考えについての見解《城副市長答弁》
質問者の考え「市民の安心につながる、適時適切な情報発信に努めるべき」
(5)障害者施設職員への定期的PCR検査事業 【健康福祉局】
   質問者の考えについての見解《城副市長答弁》
質問者の考え「クラスター対策を強化するため、施設利用者も対象に含めるなど定期的PCR検査を更に拡充すべき」
(6)自宅療養者見守り支援事業 【健康福祉局】
   質問者の考えについての見解《市長答弁》
質問者の考え「本事業の対象者を拡大し、見守り支援を強化すべき」
(7)高齢者施設への退院支援事業 【健康福祉局】
ア 老健コンシェルジュが果たす役割《城副市長答弁》
イ 質問者の考えについての見解《城副市長答弁》
質問者の考え「コロナ禍における退院支援の役割を担う『老健コンシェルジュ』を、今後も『高齢者施設・住まいの相談センター』に配置していくべき」
(8)感染拡大期における福祉サービス継続の支援 【健康福祉局】
ア 希望する事業所へ不公平感なく巡回指導等を実施するための工夫《城副市長答弁》
イ 質問者の考えについての見解《市長答弁》
質問者の考え「現場の役に立つ助言・指導とするために、民間事業者の力を借りて実施する巡回指導等を横浜市がしっかり管理監督すべき」
(9)新型コロナウイルス感染症対応飲食事業者支援事業 【経済局】
ア 市内飲食事業者を取り巻く状況の認識《城副市長答弁》
イ 質問者の考えについての見解《市長答弁》
質問者の考え「融資を受けられない飲食事業者への支援を手厚くすべき」

●質問の動画はYOUTUBEでご覧いただけます。


https://youtu.be/0Uwq9PCkuUA

LINE
  • アーカイブ