横浜市議会議員 梶尾明

活動報告

2020年6月4日横浜市の区別の感染者数情報について

横浜市は今まで市内感染者の区別の発生状況は公開されていませんでしたが昨日深夜の最新情報に区別の感染者数が記載されました。市民の皆さんから不安の声も多く

健康福祉局に公開を求めてきましたが、当局曰く

「以前にある区で感染者の犯人探しみたいになり、区を特定して公表するとそのようなことがまた起こるかもしれない」ということでした。しかし、現状を正確に把握することは予防意識が高まることにもつながり、感染拡大を抑え、外出自粛の重要性を理解し、実行いただくためにも的確な情報を市民に伝えることは大切だと思います。

横浜市よりも人口も少ない、区の数も少ない川崎市では早い段階で区ごとの人数を公表していました。今後、感染者増加が懸念される中、医療現場からの悲痛な声も寄せられています。対応が後手に回らないようにしっかりと声を届けてまいります。

梶尾

LINE
  • アーカイブ