横浜市議会議員 梶尾明

活動報告

2020年5月15日新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に罹患された方々に

この度、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)に罹患された方々には謹んでお見舞い申し上げますとともに、一日も早いご快復を心よりお祈り申し上げます。

また、最前線で国民の健康福祉に貢献してくださっている医療従事者、介護や保育の現場の皆様、配送や食料品の供給など、市民生活を支えてくださる皆さま、感染拡大防止に努めていただいている市民の皆様、事業者の皆様に心から感謝申し上げます。

5月12日〜15日に開かれた横浜市会臨時会では新型コロナウイルス感染症に対応した市民、事業者支援のための補正予算が組まれ、全会一致で議決されました。しかし、支援内容、支給方法等については手続きの煩雑さ、スピード感という面で不安を払拭しきれていないという課題も浮き彫りになりました。また、重要な情報についても市の広報、ホームページだけでは市民に行き届いていない等、情報発信の在り方や臨時特別給付金支給でマイナンバーカードの申請のわかりにくさについても多くの不満の声が届きました。市民に分かりやすい普及対策にも注力が必要です。今後、市民生活の安定のためには引き続き

第2、第3の局面を想定しつつ感染拡大防止に努めながらも横浜経済再起動に向けての議論、スムーズに支援を受けられるための

取組を進めなければなりません。私の所属会派「立憲・国民フォーラム横浜市会議員団」でも市民の皆様の声を聞き逐一、市長に要望を上げていますが、

やはり市民の一大事には会派問わず議員が一丸となって解決のために取り組む必要があります。引き続き力を合わせ市民の声を市政に届ける役割を全うしてまいります。

LINE
  • アーカイブ